我が家の洗面室の広さは1坪です。今までは洗面室の広さが1坪というのが一般的でしたが、最近では、洗面室を家事室としても利用させることが増え1坪以上の広さに余裕のある洗面室が設けられることが増えています。1坪という限られた空間ですが、工夫次第で1坪でも十分利用しやすい空間であると実感できています。

限られた広さを有効活用できるように洗面室のドアは引き戸です。中でも上吊り引き戸にして床のレールを無くしたのです。レールが無いことで床がフラットに繋がり空間の一体感が高まりますし、床にレールがないことでホコリが溜まることがなくお掃除もしやすくなります。引き戸なら扉の開閉時にデッドスペースを生まず空間を最大限に利用できるのです。

そして、窓は天井近くの高い位置に横長のものを設置しました。チェーンで開閉できるものを選びました。これなら窓を物でふさぐこともないので明るさを確保できますし、開閉できるので風通しも確保できるのです。この窓の下には洗面化粧台と洗濯機を横並びに配置しています。これらの隙間には30㎝ほどの隙間が生まれたのですが、洗面化粧台の奥行と高さを合わせた隙間収納を造り付けました。奥行と高さを合わせることで空間のまとまりが高まります。

わずかな収納スペースのようにも感じられますが、タオル類やお化粧道具、ヘアアイロンや洗濯用洗剤などたくさん洗面室で使用するものを収納することができています。洗濯機の上部には可動オープン棚を設けて、収納カゴをそろえ家族の下着やパジャマを収納しています。1坪でもこのようにしたことで利用しやすい空間となっています。

家族が長時間過ごすリビングこそ物が集まってきやすいです。しかし、意外とこのリビング収納は忘れ去られてしまいます。リビングこそ収納を充実させ、物が散らかりにくく、快適でリラックスできる空間を保ちたいものです。

そこで我が家にはテレビボードの後ろにウォークイン型のリビング収納を設けました。壁一面には大きな棚を造り付け床から天井いっぱいデッドスペースを生むことなく収納スペースを確保できています。また、室内から見えない収納スペースを作ることで、見せたくない日用品や大きさのある掃除や扇風機、ファンヒーターなどの電化製品もしっかりと収納することができています。棚の高さを自由に調整できるので収納する物に合わせてアレンジでき、デッドスペースを生みにくく物を効率よく収納することができています。

リビングに散らかりがちな子ども達のおもちゃや絵本、幼稚園グッツやランドセルなどもロッカーのようにして収納でき、自分の物は自分で管理できるようにもしています。家事で使用するアイロン台やアイロン、パソコンを使用するのでパソコン関連用品、家族みんなで使う説明書や電池や爪切りなどの生活雑貨もここに収納しています。リビングで必要な物がきちんと収められているので、リビングに物が散らかりにくくなり、また家族みんなで物を共有しやすくもなっています。

一部分にはハンガーパイプを上下二段に分けて設け、いつも着用する上着をきちんと整理することもできています。このような収納があるといざという時も物をサッとしまえとても便利です。リビングこそ収納に力を入れましょう。

住宅のテイストが多様化する中、キッチンの種類も多様化しています。家事のしやすさやキッチンスペースに合わせて適したキッチンを選びたいものです。我が家は、セミオープンキッチンにしました。コンロからシンクまでが横一直線で並んでいるI型キッチンをリビングに向かって配置している対面式キッチンです。

使い勝手のよくない吊り戸棚をなくし、コンロ部分は壁にせず耐熱用のガラス張りにすることでリビングやダイニングとの一体感を高めています。キッチンの前には腰壁が設けられており、キッチンの気になる手元部分をしっかりと隠せるようになっています。調理中や調理後の乱雑に置かれたお鍋や食器、食材がリビングやダイニングから見えないため生活感を感じさせにくく、急な来客時でもスムーズに対応できるのです。気になる手元部分を隠せるだけでなく、この壁の厚みを利用してニッチを2ヶ所設けました。

キッチン側に設けたニッチは、調味料入れのニッチです。今までは作業スペースに並べていた普段使いする調味料たちをこのニッチ内に収めたのです。作業スペースがスッキリとしたことで調理がしやすくなっています。そして、ダイニング側にはマガジンラックのニッチを設けました。新聞や雑誌などバラバラ散らかりがちですが、このニッチがあることでこれらをサッと片付けられ、ダイニングテーブルもスッキリとしています。

また、壁を利用してカウンターを配しており、子ども達がおやつを食べたり、私がパソコンをしたりするのに最適となっています。キッチンは女性にとって非常に重要な空間だけに自分の居心地のいい空間となるようにしましょう。

服の下の空間が無駄
クローゼットの多くは、ハンガーを掛けるパイプと上段の棚だけの造りで、衣類を吊るすと、服の裾から床にかけて大きな空間が空きます。奥行きを有効に使いましょう。
ハンガー掛けで吊るせる服の数は限りがあります。引き出しケースを置いて、たたんでしまえる数を増やしましょう。吊るす服を丈の長さ順で並べると、ケースの数が増やせます。

服のシワが気になる
ハンガー掛けでも、詰めこめばシワになったり型崩れしたりします。たたんでもいい服は、引き出しに入れますが、たたみ方に気をつけましょう。身頃の中央に折りジワができないように、身頃の両サイドを中央に向けて折りたたみ、長方形にしてから3つ折りか4つ折りにします。ケースには、本の背表紙が並んでいるように、立てて入れます。上から見て服の色柄が一目で分かります。同じ大きさでたたむなら、型紙を差し込むと良いでしょう。

高いところが取り出しにくい
真冬のコートやレジャー用の服など出番が限られているものは、高い所にある棚に入れます。取り出しやすいように、持ち手の付いたケースを使い、キャンバスや不織布でできた軽いケースにすると、取り出しやすくなります。

押入れをクローゼットにしたい
押入れや、クローゼットでも奥行き80cmくらいの収納に洋服を収納する場合は、手前側にはオンシーズンの服をハンガー掛けにして並べ、奥の空いたスペースには、カラーボックスかオープンラックを置いて、オフシーズンの服や出番の少ないバッグなどを収納します。中段に棚があると、丈の長い服が折れ曲がるので、ハンガーをもう1本足して、裾がこすらないように引っ掛けておきましょう。

新居を設ける際に、建物に合わせて家具を造り付ける家庭も少なくありません。家具も一緒に計画することで、隙間を生まず床から天井まで余すところなく空間を最大限に有効でき収納スペースをしっかりと確保させることができるのです。なかなかサイズに合った家具がなかったり、気に入ったデザインがなくて家具選びに困っている人も多いのです。家具を造り付けることで家具を探す手間が省けて、自分の好みのデザインや収納量を確保できるので利用のしやすさも高まります。

我が家の造り付け家具の中で一番気に入っているのがキッチンに設けたカップボードです。キッチンスペースいっぱいに広がるカップボードは、扉三枚分の横幅があり高さは天井近くにまであります。カップボードの全面にはすりガラスの扉が設けられています。キッチンで家事をする時にはオープンにしたままにしておき、必要な物が把握しやすく、また出し入れしやすいようにしておきます。家事をしない時や来客時には扉を閉め切っておけば、目に触れると生活感を感じさせてしまうキッチン家電などをしっかりと隠してくれるため生活感を感じさせることもありません。

すりガラスの扉なのでキッチンにしっかりと明るさを通してくれるのです。扉一面はキッチンパントリーとして食材やレシピ本、お米などをしっかりと整理することができています。そして隣の一面には食器類を収納しています。普段使いするものからお客様用のもの、お弁当箱やタッパーなどもここに整理しています。そして、隣の一面はキッチン家電を収納しています。毎日使用する炊飯器や電子レンジからホットプレートやフードプロセッサー、ミキサーなどしっかりと収納できています。キッチンを振り返ると一面に必要な物が揃っているのでとても家事がしやすいのです。カップボードにおいてもしっかり計画しておきましょう。

今までは壁付けのキッチンが多く、キッチンで家事を行う母親の姿はいつも背中でした。母親と会話をしたくても、リビングとキッチンでは会話がしにくいものでした。また、キッチンで家事を行う母親も家事を行う時間は孤独感を感じてしまうのです。

しかし、最近では間仕切りなどで閉じられたキッチンではなく、リビングと一体化したオープンキッチンが増えています。オープンなキッチンにすることでキッチンへ近寄りやすく、誰でも作業が手伝いやすくなるのです。オープンキッチンと言っても形はさまざまです。I型と呼ばれるタイプのキッチンをリビングに向かって配置する対面型タイプや部屋の中央に島のようにキッチンを配置するアイランド型などいろいろな形があります。

キッチンスペースの広さや家事のしやすさに配慮して自分に合ったキッチンスタイルを取り入れましょう。今までのようにリビングに背中を向けていたのが、家族と向き合う形になることで家族とのコミュニケーションを大事にできるのです。また、家事を行う母親も孤独感を感じることなく、家事を楽しみながら行えるようになります。キッチンで家事をしながらリビングで過ごす子ども達の様子も把握できることで家事と育児の両立のしやすさも感じることができるでしょう。

このような魅力がある一方で、音や臭いの問題があります。調理をする時の臭いや煙、食器を洗う時の水音がうるさいなどこれらの問題点を解消してくれる機能性に優れたものもあるだけに、オープンキッチンにする場合はこれらにも目を向けてキッチンを選びましょう。

片付かないアイテムNO.1は洋服です。収納計画を立てる前に洋服の整理と見直しをして、どれくらいの洋服を必要としているか把握しましょう。少ない方が良いのではなく、どれくらいの服を持って生活したいかを考えるようにします。将来を見越してどれくらいの洋服が必要かによって、クローゼットの大きさを決めます。

洋服は増えた分だけ減らせば良いのですが、中々そうもいきません。何年も着ていない洋服は手放さない限り、クローゼットや寝室に洋服が散乱してしまいます。2~3年着ていないと手放すなど、ルールを作って整理しましょう。

良く見かける正方形1坪のクローゼットは、中の仕切り方によっては洋服がたくさん掛かりません。幅、奥行きが170cmのクローゼットに、正面と右に棚を作り、そこにハンガーバーを付けると、角は使えないので、使える長さはそれぞれ130cmくらいです。たたむ洋服は、幅30cm、奥行き55センチ、高さ23~30cmの引き出しが4個程度置けます。同じ1坪でも。幅350センチ、奥行き60cmだと、250センチのハンガーバーを上下2段に設置でき、引き出しは正方形と同じだけ置けるので、こちらのほうがたくさん収納できます。

ロング丈、ショート丈のハンガーバーの長さがどれくらい必要か、たたむ洋服の容積がどれくらいか、からクローゼットの形や大きさ、ハンガーバーの設置位置、たたむ洋服の収め方などを元に、クローゼットの大きさを考えます。

クローゼットが小さいと、寝室にタンスやハンガーラックなどを置かなくてはいけません、寝室が雑多で落ち着かない空間になってしまいますね。寝室が少し狭くてもクローゼットを広めに取る方がスッキリした空間になります。

リビングでは家族がいろいろなことをして過ごします。そのため物で溢れがちでつい生活感が出てしまいがちです。家族団らんの場所でもありますし、お客様をお通しする場所でもあるだけに、快適性の高い空間造りを心掛けたいものです。

我が家の子ども達はまだ小さいためリビングでおもちゃを広げて遊ぶことが多いです。そうするとソファでくつろいでいる横でおもちゃを広げて遊び、気づいた時は床におもちゃがいっぱい広がっており、その光景を見る度にイラッとして「片付けなさい!」と怒っていました。

そこで新居では、リビンにスキップフロアを設け、ここをキッズスペースとして利用させるようにしたのです。くつろぎスペースとキッズスペースという風に空間を緩やかに区切ることで、リビングの快適性が高められるのです。だだっ広い部屋が広がるようにスキップフロアがあることで空間のメリハリが生まれますし、子ども達も思い切りおもちゃを広げてのびのびと遊ぶことができるのです。

スキップフロアには壁面収納を設けおもちゃや幼稚園かばんや帽子などを整理できるようにしています。そしてカウンターを造りつけたので、成長すればスタディーコーナーとして利用させることができるのです。家族との一体感を得ながらもそれぞれの時間を満喫できるのでこのような空間を設けて良かったと思っています。大人目線だけでなく子どもの目線も大切に互いに居心地のいい、楽しい住まいを目指したいものです。

注文住宅で家を建てた我が家は、家造りにおいて一番重視したのが依頼した業者です。家造りを成功させるかどうかはこの業者にかかっているだけに、いろいろな業者と出会い話をしてきました。そこで地元に密着した工務店の人と出会いました。数多くある業者の中でこの工務店に決めた理由は、知識と経験の豊富さと自分達のこだわりが活かされた家造りが行えることでした。

知識や経験の豊富さを知る上で自然と家造りで最も大事な信頼関係を築くこともできたのです。建物の知識を言われても住宅に無知な我々はなかなかピンときません。しかし、分かりやすく我々目線で説明をしてくれると同時に、和から洋まで幅広いプランを展開してくれました。幅広い選択肢の中からいつも最高の一つを選ぶことができたのです。

経験の豊富さがなければこのようなプラン展開はできません。建物においてはもちろん、土地や住宅ローンについてなど住宅に関わること全般にアドバイスをしてくれ安心して家造りを任せることができたのです。限られた予算内で最高の住まいを完成させることができたのは、予算がかさむ提案をしてくる時には同時に節約できるポイントもアドバイスしてくれたからです。

施工はもちろん引き渡し後のメンテナンスにおいても重要視してくれ安心できました。一目見てどこのハウスメーカーのものなのか分かる住宅も多い中、自分達のこだわりや希望が活かされた最高のオンリーワンハウスを手に入れることができて非常に満足しています。

住宅への不満の声でよく聞かれるのがコンセントの位置や数の不満です。我が家が家造りをする際には、友人達からコンセントはしっかり設けておいた方がいいよ!とアドバイスをもらいました。設け過ぎても邪魔に感じるものではありませんし、後からここにも欲しい!と思っても簡単に設けることができないものであるだけに、しっかりと配線計画を行いたいものです。友人達からのアドバイスもある余裕を持ってコンセントを設けたつもりでも、いざ生活してみるとコンセントへの不満がでてくるものです。

住宅内の動線を考え、そしてどこでどのような電化製品を使用するかを想定してしっかりと設けておきたいものです。我が家はLDKの中央部分にコンセントがあり、掃除の際にはここのコンセントを使用することで掃除機のコンセントの挿し口を変えることなくワンフロアかけられるのでスムーズに掃除が行えています。友人は、コンセントがあえて目に入らないようにとLDKの四隅に設け、掃除機を掛ける際には挿し口を何回が変えなくてはならず面倒くさいと不満をもらしていました。

些細なことのようにも感じますが、生活に与える影響が意外と大きいのです。最近では充電式の掃除機も増えています。我が家も最近購入しました。掃除機を収納する収納庫内にコンセントを設けておいたので、掃除機を収納している状態で充電が行えてこのコンセントは設けておいて良かったと最近実感しています。暮らしを想定して、余裕を持ってコンセントを設けておくようにしましょう。